消費者金融と銀行のキャッシングの違いとは!?

キャッシングをする方であれば、どこの会社からキャッシングをしようかと考える方は多いかと思うのですが、それに並行して消費者金融を利用するのか、それとも銀行などを利用するのかという点も重要なポイントです。実際に私が利用した時はプロミスやレイクと言った大手の消費者金融だったのですが、これらの違いを正確に把握している事もキャッシングを成功させる為に必要な条件なのです。それぞれの特徴を把握しておくことで、きっとキャッシングをスムーズに成功させる事が出来るのです。まず消費者金融には、銀行と違って審査が緩いと言うメリットが有ります。

 

低収入者であっても安心して利用できるのが消費者金融の魅力であり、銀行であれば審査通過さえも難しいのです。だからこそ最近では一般的に主流になっている消費者金融をキャッシングの第一歩として良いのですが、その反面消費者金融には付きもののデメリットも存在します。

 

それは、つい手軽に借入が出来る事から借入金額がどんどん積もってしまう事なのです。借入額が多くなるにつれて、もちろん返済額も比例して増えて行くわけなのですが、そのような状況に陥りやすいのが消費者金融でのデメリットなのです。実際に私がプロミスという消費者金融を利用していた時もこの状況になってしまいました。即日お金が欲しくてもそのような状況は望ましくありません。

 

ローン【即日】最短借入方法最悪の場合であれば、返済額が追いつかないあまりに多重債務者になってしまうケースもあるのです。消費者金融には銀行と違って手軽に借入が出来、キャッシングに対して凄く好感を持てるのですが、その反面利用しすぎてしまうデメリットも兼ね備えているのです。

この先不安がいっぱい

子供が小さい時がお金の貯め時だとよく近所のおばちゃん方に言われました。

 

おばちゃんになった今、この言葉をつくづく実感しています。
子供達が中学生高校生になり、頭で考えていた以上の出費があり、また主人の
会社の年齢給廃止とかで、給料が上がるどころかむしろ減り、ローンも抱えているので
首が回りません。

 

思いの外出費がかさんだのは塾の費用、塾に行きたいと言っているものを行かせてあげないのも
可愛そうだと思い、しかし塾の商売っ気たっぷりなところにまんまとハマるのも嫌だったので、
一年間は知り合いの大学生に安くみてもらい、受験前一年間だけ塾に入るという条件で子供に
納得してもらいましたが、塾で公表している以上にお金がかかり、受験費用にお金がかかり、
私立の押さえでお金がかかりました。幸いなことに都立に進学できましたが、高校を私立に通うことに
なれば、これまた想定外の出費で、働き方を変えなければとも思っていました。

 

都立に入っても、子供が大きくなればお金がかかるもの、やはりもっと仕事を増やさねば
と思っています。高校受験でアップアップしているので、また三年後の大学入試という
恐ろしい出費が待ち受けていることでしょう。いくらあっても足りません。

 

思ったより簡単だったカードローンの審査

 

収入は少ないもののそれなりに普段の生活を楽しんでいますが、たまにどうしても手に入れたいものができてしまうことがあります。
いつもは質素な生活をしているのだから、たまに羽目を外すことくらいいいじゃないかという気持ちもあり、カードローンの審査に申し込んでみました。
利用している人が多いということは聞いていましたが、申し込むのは初めてだったので、もし審査に落ちたらどうしようという気持ちは若干あったのは事実です。
それで、たくさんある消費者金融や銀行のなかで、企業イメージが好きなところを選んで申し込みをしました。
好きな企業であれば、なんとなく申し込みがスムーズに行くのではないかという験担ぎのようなものです。
それと、イメージが良いところという認識は思い違いではなく、金利やサービス面も他よりは充実している気がしました。
私はインターネットで申し込みをしたのですが、シミュレーションでもOKということでしたし、これなら大丈夫ではないのかと少しだけ余裕も出てきましたがそれでも緊張するものです。
カードローンを利用できるまでにはそれなりに時間がかかるのではないかと思っていたのですが、なんとその日のうちに審査結果のお知らせがあり、1週間ほどでローンカードも手元に届きました。
正直、こんなにスムーズにカードローンを利用できるようになるとは思いませんでした。
おかげで欲しかったものも無事購入することができました。
これからも、どうしても欲しいものができた時に利用しようと思います。